じん肺とは?

じん肺とは、「吸い込んだ粉塵が肺の奥に沈着してダメージを与えることによって起こる肺疾患」を包括的に表す言葉だとアメリカ肺協会は述べています。 じん肺は一般的に職業性肺疾患と考えられていますが、これはじん肺の原因となる粉塵にさらされるのが仕事中であることが多いからです。 じん肺に該当する病気には、アスベスト症、珪肺症、石炭労働者じん肺(「黒肺病」とも呼ばれる)などがあります。

「リスクは一般的に、高濃度および/または長期間にわたって鉱物の粉塵にさらされている場合に高くなる」と、同協会は指摘しています。 さらに、人工呼吸器などの個人用保護具の不十分な使用や一貫性のない使用は、じん肺の発症につながることがあります。

じん肺に関する課題の1つは、じん肺にかかった労働者が最初は無症状である可能性があることです。

  • 粘液を伴う、または伴わない咳
  • 胸の張り
  • 息切れ-特に、歩いたり階段を上ったりといった活動を行った後

これらの症状がある場合、石綿、シリカ、石炭の粉、またはその他の有害な粉への暴露の経験があれば、医療提供者に相談して下さい。

じん肺の治療法は存在しないため、「じん肺患者のほとんどの治療は、肺へのさらなるダメージを抑え、症状を軽減し、生活の質を向上させることを目的としています」と同協会は述べています。

肺疾患「じん肺」についてもっと知る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。