どのウールが一番暖かいか

メーカーはよく組成にウールを表示しますが、どのような繊維が使われたかは専門家でなければわかりません。 また、その表示が実際の製品の組成とどの程度一致しているのかも。 事実、ウール製品には特有の性質があります。 そして、原材料の天然性は、人に暖かさだけでなく、健康に対する多くの良い面を保証します。

最も暖かいコートは何ですか?

ウールは世界で最も尊敬されている素材のひとつです。

古代の人々も、その特性の良さに注目し、最も重要なことは、最も厳しい霜の中でも暖まることができることでした。 ウールは、すべての種類が同じ特性を持っているわけではありません。 原料の種類によっては、確かに別に強調する価値のあるものもあります。 例えば、ほとんどはメリノウールのユニークな暖かさの特性に傾向があります。 繊維の特別な組成のため、それを使った製品は特に暖かく、素材は外部環境に強く、特別な強度を持っています。

天然ウールの種類と特性

アルパカ

ラクダ科に属する動物から毛を刈り取って得られる独特の素材だが、サイズは小さめである。 この動物の毛糸は、ラクダの毛の癒し効果を持ちながら、より柔らかく、より暖かいのが特徴です。 また、摩耗に強く、軽量である。 アウターウェア、セーターやマフラー、子供用のニットウェアなどがこの糸で作られています。 24色の色調で展開しています。 9095>

Angora

Angora は、ヤギやウサギの毛皮から作られています。 軽くて暖かい素材です。 原料は密度が低い。 したがって、非常に簡単です。 基本的にこの素材は、アンゴラ20%、残りの糸80%の割合で、合成繊維とともに加えられます。 これは、その壊れやすさに起因する。 アンゴラ素材は特別な繊細さがあり、手入れを誤ると毛羽が出るので、冬のコレクションを作る際には、現代のデザイナーが敬愛するこの素材を慎重に検討する必要があります。

キャメル

この素材は、乾いた熱を与えるという独特の特徴を持っています。 しかも、人が汗をかいていれば、出て行った物質がまた製品を通過することはない。 キャメルウール製品は、治療用に使用される衣料品に多く生産されています。 ベスト、スカーフ、ラグ、毛布、枕などです。 この特殊な素材は、筋骨格系の疾患に役立ち、神経痛を緩和し、リウマチの状態を改善すると信じられています。

Vicuna

この種の羊毛は珍しいです。 繊細でありながら、厳しい寒さから身を守り、風や湿気に強く、暖かさを感じさせる素材です。 このタイプの原料は決して安くはありません。 それは、ビキューナが希少な動物であることに起因している。 そして、この動物から毛織物を大量に生産すれば、種の絶滅につながる。 まれに高価な製品にこの素材が使われていることがあります。 多くの場合、製品は職人の手によって作られています。 セーターやラップはとても美しく、暖かい。 下毛のみを使用。 保温性、軽さ、柔らかさなど、独特の性質を持つ。 本物のカシミアは非常に高価で、コートやセーター、帽子などの製造に使用されます。 この素材は毛羽立ちがありますが、高品質であるため、非常に長い間、製品として使用することができます。 本物のカシミアはなかなか手に入りません。

メリノ

糸は特別な品種の羊から生産されています – メリノです。 その繊維は独特の繊細さを持ちながら、同時に耐久性と保温性に優れています。 メリノウール製品の特徴は、耐摩耗性に優れていることです。 長い間変形せず、保温性も抜群です。 エアポケットを小さくした構造で、人体の保温に役立ちます。

モヘア

アンゴラ山羊から作られる。 構造上、山羊の毛の中で最も耐久性があります。 そのため、繊維は特別な強度を持ち、耐火性があり、しわになりません。

冬に暖かくなるのは、どのウールですか?

メリノウール、アルパカ、そしてカシミヤは保温性に優れています。

しかし、カシミヤはやはり厳しい霜には選ばれず、冬の平均気温に耐えられる原料として、同時に上品に見えることを覚えておくとよいでしょう。 冬に屋外を長時間歩くのであれば、高品質のアルパカやメリノ羊の製品が最も実用的な選択肢のひとつです。 これらのウールの繊維構造は、長い間熱を保持する能力を持っています。

天然ウールと偽物の見分け方は?

表面を手でなぞるなどして見分けます。 化学繊維が多いものには、テカテカした跡がつきます。 また、天然のウールには触った痕跡がない。 非天然素材は、触ると火花が出ることが多い。 そして、原料の天然度を判断する最も確実な方法は、糸に火をつけることです。 溶けた滴と特有の化学的な匂いができていれば、合成繊維である。 ウールは燃やすと天然素材のような臭いがして、溶けない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。