コダックに何が起こったのか?

第4次産業革命は、消費者にこれまで以上の利便性とパーソナル性を与えるさまざまなテクノロジーを出現させる坩堝と化しています。

当然のことながら、消費者の行動や要求は、これに応じて迅速かつ不可逆的に変化してきました。 企業は、このままでは、より機敏で破壊的な競合他社に取り残されてしまうと懸念しており、タクシーや音楽といった業界全体が根底から覆されるのを目の当たりにしている。 そして、塵も積もれば山となるで、以前は既存のプレーヤーが享受していた市場をリードするポジションを破壊者が占めるようになりました。 Airbnbは、ビル管理者に、不動産を貸す方法と、ホテルが提供する価値提案を再考させることになりました。 WeWorkは、家主がフレキシブルなオフィススペースを提供する方法だけでなく、大企業が社員に提供する雰囲気やアメニティについて考える方法においても、大きな転換を余儀なくされました。 人工知能とオンラインマーケットプレイスは、不動産業者に取って代わる脅威となっています。

実際、ほとんどの業界にとって、破壊や破壊の脅威は絶え間ないものです。

コダック – デジタルは単なる付加価値ではない

コダックはかつて、ビジネス界の貴族であり、写真と同義で、規模も野心も世界的な存在でした。 今の10代でその名を聞いたことがある人はいないでしょうし、2012年に破産保護を申請しています。 コダックは、デジタルというまったく異なる方法で写真を消費する世界に対して、写真フィルムとプリントを販売していました。

コダックの終焉について最も驚くべきことは、彼らがデジタルへの流れを先取りしていたことです。 皮肉なことに、同社は1975年に最初のデジタルカメラを発明し、まさにこのカテゴリーをスタートさせ、やがて同社を赤字に追い込むことになるのです。 1981年には、「10年後にはデジタル写真がフィルム写真に取って代わるだろう」という正しい予測を社内報告書にまとめました。 しかし、その 10 年間とその後の 2 年間、許しがたいことに、その洞察に基づいて行動することができませんでした。

コダックはデジタル テクノロジーに多額の投資を行い、5 億ドル以上を投じて 80 年代半ばにフィルムとカメラのシステム「プレビュー アドバンティクス」を開発し発売しました。 アドバンティクス・システムは、今日のデジタルカメラと同じように、ユーザーが撮影した写真をプレビューできるようにしました。 しかし、このシステムには大きな欠点があった。それは、まだフィルムを使用していたことだ。 コダックは、レガシーなビジネスに新しいトレンドを人為的に取り込もうとしたのだ。 当然のことながら、使い勝手の悪い「Advantix」は大失敗し、コダックは開発費のほとんどを償却することになりました。

同社は、デジタルカメラへの多額の投資により、写真がいずれオンラインで共有されるようになることを理解していました。 同社が認識できなかったのは、共有プラットフォーム自体が、印刷された写真の補助的な存在ではなく、本当の価値の源になるということでした。 これが事実であるという証拠が積み重なるのを無視することによって、コダックは自ら死刑執行令状にサインしたのです。

既存のビジネスのプリズムを通してのみ新しいトレンドを解釈する企業は、その時はそう感じないかもしれませんが、大きなリスクを背負っています。 真に価値ある企業は、その歴史的な姿とはまったく異なるものになる傾向があります。Microsoftを例にとると、Windowsは10年前には100%近くあったのに対し、2018年度には収益の4分の1以下を提供しています。

Interrupt the disruptors

本当に破壊者の先にいるために、企業は恐れず変化の影響を受け入れて理解しなければなりません。 破壊と変化は、脅威ではなく、間違いなくチャンスである。 破壊が市場に革命をもたらし、ビジネスモデルを変革する力を持つことを認識している企業は、最終的にトップに立つことができる。 コダックが「コダックの瞬間」に停滞している間に、破壊者たちは、両手と心を大きく開いて、大胆不敵に前進していった。 手始めに、破壊者はデジタル変革の重要性を把握しています。

デジタル変革の成功には、単に新しいテクノロジーを取り入れるよりも、ビジネス運営を適応させることがはるかに重要であることを理解する必要があります。 結局のところ、ビジネスを動かすテクノロジーは年々変化するため、テクノロジーを内部から正しく実装することが極めて重要なのです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。