サーフェスアンカーピアス|メデューサボディピアス

サーフェスピアスやアンカーはここ10年でとても人気が出てきました。 ダーマル・ピアスとアンカー・ピアスの違いに戸惑う人が後を絶ちません。 ダーマル・ピアスでは皮膚に穴を開けますが、アンカー・ピアスでは通常の針を使うだけで、体の組織を取り除く必要はありません。 メドゥーサではアンカーピアスのみを取り扱っています。 表面ピアスやアンカーピアスには特別なケアと十分な時間が必要で、時間が経過してもアフターケアをやり直さなければならない場合があります。 サーフェスアンカーは完治まで6ヶ月から9ヶ月、サーフェスバーベルのピアスは1年以上かかる場合もあります。 どちらも、寝起きや髪や服に引っかかって炎症を起こしやすいので、最初の治癒期間が過ぎた後も、定期的にアフターケアを見直すことをお勧めします。

メデューサでピアスを開けるときは、アンカーにバンドエイドを貼り、その後2週間はその状態を保つことをお勧めします。 生理食塩水を使用し、毎日定期的に石鹸で洗浄することが必要です。 少なくとも1日2回、ピアスを浸してください。炎症がある場合や、治癒に問題がある場合は、もっと頻繁に浸してください。 より深刻な問題がある場合、つまり患部が腫れて触ると温かい、または濃い黄色、緑がかった、血の混じった、または悪臭のある分泌物が出る場合は、躊躇せずに当院を受診するか、医療専門家に相談してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。