スルホニル尿素

異なるスルホニル尿素には独自の薬物動態があり、活性代謝物を生成する長時間作用型スルホニル尿素は低血糖を誘発する傾向があるので、患者がどの程度低血糖を起こしやすいかで選択される。 しかし、患者が薬剤に耐えられる場合には、良好な血糖コントロールを達成することができる。 速効性のある薬剤は、血糖値を十分にコントロールできない可能性がある。

半減期のばらつきがあるので、スルホニルウレア剤の中には、1日1回だけではなく、トルブタミドのように1日2回、グリメピリドのように1日3回服用すべき薬剤もある。 遅効性の薬剤は、食事が血糖値の上昇につながるまでに最大の効果を確保するため、食事の約30分前に服用することができる。

作用機序編集

Sulphonylureas は膵臓ベータ細胞の細胞膜上のATP依存性カリウムチャネルと結合する。 これにより、カリウムイオンの過分極還流が抑制され、膜電位がよりプラスになる。 この脱分極により、電位依存性カルシウムチャネルが開かれ、インスリン輸送体顆粒と細胞膜の融合が進み、最終的にインスリン分泌が増加する。

スルフォニル尿素は、β細胞のブドウ糖への感作、肝臓でのブドウ糖産生の制限、脂肪分解、すなわち脂肪細胞による脂肪分解、肝臓でのインスリン排出を低下させているという証拠もある。

また、スルホニル尿素はソマトスタチン放出を刺激し、ランゲルハンス島のα細胞によるグルカゴン分泌を減少させることがある。

薬物相互作用編集

グライメピリドは。

一部のスルホニル尿素は肝臓のチトクロームP450酵素で代謝されるので、この酵素を誘導する薬剤、例えば抗生物質のリファンピシンはスルホニル尿素のクリアランスを増加させる可能性があります。 また、スルホニル尿素は血漿中のタンパク質と結合するため、同じくタンパク質と結合する薬剤を使用すると、スルホニル尿素が結合部位から遊離し、クリアランスが増加することがある。

副作用編集

第一世代スルホニル尿素では約4%に好ましくない反応が生じているが、第二世代ではその頻度は低くなっている。 最も一般的な副作用は低血糖で、特に肝機能や腎機能が低下している患者さんに多く見られ、神経学的な緊急事態である昏睡に至ることがあります。

クロルプロパミドは胆汁うっ滞性黄疸、希釈性低ナトリウム血症、酒類の併用による副作用として悪心、嘔吐、再生不良性貧血、好中球減少、皮疹、血小板減少などがありました。 トルブタミンは、特定のリスクの高い患者において、心血管系に起因する死亡リスクを増加させる。

禁忌編集

スルホニル尿素は、妊娠中、授乳中、1型糖尿病、小児、糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン性高スモーラ昏睡、急性心筋梗塞やCVDなどの合併症、進行した肝障害・腎障害を持つ患者には投与してはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。