ダーサス(チョコレートレースフラワー、クイーンアンズレース)の育て方

種選び

ダーサスには最近いくつかの品種が出ていますが、おそらく種供給会社が競争して、自社で生産したい品種があるのだろうと思われます。 ‘ブラックナイト’が長年人気の品種でしたが、今は’ダラ’と’パープルキッス’が人気で、どちらも紫・黒の他に、ココア・モーヴ、白が出ます。

新鮮な種を入手することが重要です。私たちは1年前に開封した種を蒔いてしまい、発芽率が劣るという失敗をしたので、常に新鮮な種を注文してください。 ジオシードではパープルキッス、ジョニーズではダラ、それにフローレットとハリスの種を扱っています。 リサ・メイソン・ジーグラーはガーデナーズ・ワークショップでOG「ブラックナイト」の種子を扱っている

スケジュール

技術的にはダウカスは種子から65日で咲きます。もちろん、あなたの栽培条件によってそのスケジュールが早まることも遅くなることもあるでしょう(フロレはむしろ100日と提案しています)。 このため、2週間おきくらいに新しい種を蒔き続けることをお勧めします。

播種

ダーカスの種はあまり小さくなく、淡い色なので、種を視覚化しやすいと思います。 ミニソイルブロックに播種し、覆土して50%が発芽し始めるまで加湿しています。

育苗

ダッカスは最初の本葉が出るまで2週間ほどかかります。 中心部の茎は通常とても細く、グラグラしているように見えますが、最初に想像したよりもずっと丈夫なことがわかります。 私たちは通常、本葉が2~3枚になるまで待ってから植え付けを行います。

植え付けと収穫

ダウカスは比較的日当たりのよい場所に植え付けます。 秋に植えて越冬できれば、茎が重厚で豪華になりますが、他の方のように秋植えにしなかった場合は、早春でも大丈夫です。 多少の寒さには耐えられるので、怖がらずにポツポツと地植えにしてください。 水と餌をしっかりやって、育ててあげてください。

1ヶ月半ほどで、葉の束が縦に伸び始め、それが花茎になります。 頭部に小さな花が50%以上開花したら、摘み取り可能です。 花瓶の寿命は通常4〜5日ですが、種ができる頃に摘むと、通常7日以上持ちます。

収穫は早朝に行い、葉の小さなロゼットのすぐ上、根元のごく低い位置でカットします。 葉の大部分を切り取り、冷水の入ったバケツにつけます。 少なくとも12時間以上休ませてください。

注意すべきは、ダイオウがウンブリアノキ科であることから、植物からの油分が原因で植物性光線皮膚炎を起こす人がいることです。 つまり、油が皮膚に付着して日光に当たると、高熱や日射にさらされたように皮膚が焼けたり泡立ったりすることがあるのです。 軽度の場合はひどい日焼けのように見えますが、大きな場合は水ぶくれや黒い瘢痕ができ、数ヶ月続くこともあります。

必ずしもすべての人に影響があるわけではありませんが、特に以前にダイオウやアンミに反応したことがある人は、収穫の際には十分注意した方がよさそうです。 使い捨ての手袋や長袖のシャツやズボンを使って作業し、皮膚に触れないように接触したものを必ず取り除く(時には完全な防護服を着て収穫するのが適切かもしれないと思う)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。