ヘンリー・マーレー

マレーはフロイトの自我、自己、超自我という精神分類を受け入れたが、これらの構成要素にそれぞれ重要な修正を導入している。 自我またはイドには、基本的な生物学的衝動だけでなく、生体を維持する機能を持つだけでなく、創造的欲求や発達的欲求の源となる欲求も提示されます。 自我は複雑で、それ自身の動機と欲求を持っており、イドの下僕以上の存在です。 マレーにとっての超自我は、生活の中で新しいモデルや理想に出会うことによって、意識に規定された価値観や目標、基準が変化し、長期的に発展していくものであり、家庭環境の影響しか考えなかったフロイトが超自我の形成を3歳から8歳までと考えたのと対照的な発想である

Henry Murrayは1893年にニューヨークの裕福な家庭に生まれました。 彼には姉と弟がいた。 カーヴァーとシャイアーは『パーソナリティの視点』P100で、彼が「父親とはうまくいっていたが、母親とは関係が悪かった」ため、深い抑うつ状態に陥ったことを指摘している。 この関係が崩れたことで、マレーは人々のニーズや、根本的な行動の決定要因としての重要性を特に意識するようになったと推測している。 ハーバード大学では、成績が振るわず歴史を専攻したが、フットボール、ボート、ボクシングで補った。 コロンビア大学では、医学の成績がはるかに良く、博士号を取得し、1919年には生物学の修士号も取得した。 その後2年間は、ハーバード大学で生理学の講師を務めた。 1928年、ケンブリッジ大学で生化学の博士号を取得した。

マレーに転機が訪れたのは30歳のとき。7年間の結婚生活の後、クリスティアナ・モーガンと出会い恋に落ちるが、妻のジョセフィーヌと別れたくないという激しい葛藤があった。 これにより、相反するニーズやその結果として生じるプレッシャー、モチベーションとの関連性などが意識されるようになりました。 カーヴァーとシャイアーは、このモーガンが「カール・ユングの心理学に魅了され」、彼の働きかけの結果、スイスでカール・ユングと出会ったのだと記している。 彼はユングを「人生で初めて出会った、血の通った、球体の、そしてゲーテ的な知性」と評した。 彼は彼に分析され、彼の作品を研究していた。 「心理学者に問題を持ち込むと、うまくいきそうな答えが返ってくるという体験は、マレーに大きな影響を与え、心理学を職業として真剣に考えるようになった」(JWアンダーソン)。 ユングは、マレーに私生活についてのアドバイスとして、どちらの関係もオープンに続けるようにと言った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。