世界で最も高価なコーヒーは、それを生産する動物にとって悪夢である

世界で最も高価なコーヒーは、1杯100ドルで購入できるが、それには、東南アジア原産の森林に住む猫のような生き物の幸福という隠れた代償がある。

スペシャルティコーヒーやニトロコールドブリューの世界でさえ、シベットコーヒー(インドネシア語のコピ・ルアクという名前でも知られている)は、カフェイン入りの贅沢品の基準となっています。 シベットコーヒーはインドネシア語でコピ・ルワックと呼ばれ、ナッツのような香ばしさと酸味の少ない味が特徴で、ハクビシンが排泄したコーヒー豆を一部消化したものから作られる。 2013年以降、ハクビシンコーヒーの価格は下がり続けていますが、それでも1キロあたり200ドルから400ドルで取引されており、観光客がますます求めるようになってきています。

歴史的に、コピ・ルワックは野生で収穫されたヤシハクビシンの糞を使って作られていた。 しかし、このコーヒーの価格が常に高いため、ハクビシンは野生で捕獲され、コーヒー農園で狭い檻の中で飼われるようになったのです。 16の農園に住む48匹のヤシハクビシンの生活環境を評価し、雑誌「Animal Welfare」に掲載された最近の報告書は、新興のシベットコーヒー生産方法を「奴隷産業」と表現しています。「

「悲しいことに、多くの観光客は、檻に入れられたハクビシン コーヒーに関連する残酷さに気づいておらず、ソーシャルメディアで共有するための写真を撮るために並んでいることさえあります」と、非営利団体 World Animal Protection の野生生物研究者で、この研究の共著者である Neil D’Cruze は述べています。 この典型的な夜行性の動物は、日光の当たる閉所恐怖症の空間に檻に入れられていることにも悩まされることになります。 興奮すると仲間内で喧嘩をしたり、自分の足をかじったり、便に血が混じることもある。

2013年以降、ハロッズやセルフリッジといった英国の店舗を含む、少なくとも13の小売業者がシベットコーヒーを棚から取り除くか、生産工程を調査すると約束した。 しかし、この業界を規制することは複雑な考えです。 動物愛護団体は、シベットコーヒー豆の原産地を追跡することは困難であり、残酷な扱いを受けていないかどうかを判断することはさらに困難であるとしています。

「インドネシアがこの無意味な流行の中心である一方、タイ、ベトナム、そしておそらく他の地域にも生産者がいるようです」と、保護NGOトラフィックの東南アジア副地域ディレクターのクリス・シェパード氏は言います。 「この産業の全容を理解し、野生動物に苦痛を与える飲料の需要を減らす方法を探るためには、もっと多くの調査を行う必要があります」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。