人生の変化に対応する5つのヒント

変化の時期は大変ですが、自分自身を楽にするために試せるヒントをいくつか紹介します。

  • 振り返りの時間をとる

変化が計画的であれ予想外であれ、自分が置かれた新しい状況に目を向けがちですが、人生の転機の多くは、人、場所、役割など、何らかの喪失を含んでいます。 自分がどこから来たのか、その変化は自分にとって何を意味するのか、そして何に別れを告げるのかを振り返る時間を持つことで、残していくものに敬意を払い、その移行が自分にとって何を意味するかを処理するスペースが生まれます。 計画外の移行の最中にこれを行うことは必ずしも可能ではありませんが、損失と利益を考える時間を作ることで、新しい状況に適応し、最終的には新しい「日常」に安らぎを見出すことができます。

  • 前向きな挑戦としての変化

「変化は嫌いだ、今のままでいい!」という人の話を何回聞いたことでしょうか? もし変化が人生につきものだとしたら、それは私たちに何を与えてくれるのでしょうか。 人生の転機は、恐怖に直面し、人生の選択や状況を見直し、行き詰まった状態から抜け出し、成長し学ぶ機会を与えてくれます。 人生の転機は、レジリエンスを高めながら、対処法を見つけ、開発し、実践する機会を私たちに与えてくれます。 しかし、受け入れることは前に進むための重要な要素であり、(たとえ変化を望んでいなかったとしても)「これが自分の居場所だ」と認めることで、新しい道への扉が開かれます。 新しい状況の中にシンプルな構造を見出し、変わらないものを認識することで、慣れ親しんだものに根ざし、安全で、心地よさを感じることができるようになるのです。 親しい人を失っても周りの人、引っ越した先でお気に入りの持ち物、転職した先で飲む朝のコーヒー、転校先で好きな科目やスポーツなど、変化前の生活に残っているものに注目してみましょう。 信頼できる友人に悩みを打ち明けたり、日々の仕事を手伝ってもらったり、専門家に助言を求めたりすることで、変化の時期を乗り越えることができるのです。 知人、職場や学校、地域社会でどのような支援が受けられるかを調べてみましょう。

  • 自分に優しく

人生がつらいと感じると、感情や現実の問題に振り回されて、自分のニーズがわからなくなりがちです。 私たちの体と心は、効果的に機能するために定期的なメンテナンスが必要です。 セルフケアは気晴らしではなく、人生の転機や変化の時期をうまく乗り切るために、そして健康を維持するために必要なものなのです。 規則正しい就寝、自分だけの静かな時間、健康的な食事、穏やかな運動やマインドフルな練習など、小さく達成可能な「セルフメンテナンス」は、人生の転機が訪れたときの対処法として大いに役立ちます」

人生の変化や転機に圧倒されて、その場の対処法に悩んでいたら、訓練を受けたシャウトボランティアが、24時間365日あなたをサポートします」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。