蚕の事実

中国人が最初に絹を作った人ですが、絹を作り出すのは蚕です。

ここでバンシルクは蚕の事実をいくつか示します。

1匹の蚕はその重さを1万倍にしています。
蚕が紡いだふわふわの白い繭は、1本の長い連続した絹糸で、通常600~900メートル、長さにして1,600ヤードにもなります。

その絹糸の4~8本を撚って、一筋の絹糸を得ます。 この蛾は飛ぶことができず、目も見えません。 その唯一の仕事は、卵を産むことです。 1匹の蛾が4~6日かけて約500個の卵を産みます。 その後すぐに蛾は死んでしまいます。

Bombyx mori mothが産むその500個の卵はとても小さく、ピンの先ほどの大きさです。 重さもあまりなく、約5グラム、2オンス弱しかありません。

最も繊細で純粋な絹を生み出すカイコは、刻んだ桑の葉だけを食べさせられます。 蚕は24時間、30分おきに餌を与えられています。 そのため、1ヶ月で体重が1万倍になります。

12ポンドの生糸を生産するには、約3万匹の蚕が必要です。

野蚕から得られる糸は、やはり良質ですが、甘やかされて桑の葉だけを与えられた蚕ほどは質が高くありません。 野生の蚕は手に入るものは何でも食べなければならないので、繭を編む糸は飼育された蚕のように白くなく、滑らかで丸い糸にはなりません。

蚕が紡ぐ繭には、自然の脅威から身を守るための天然物質が含まれていますが、フィラメントを絹織物にする過程で害されることはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。