Blog

野生生物学者の王大軍氏によると、その答えは「竹」だそうです。 王博士は中国西部の野生動物の生態を研究しており、主に絶滅危惧種の個体数と人間の攪乱下での生息地管理に焦点をあてています。 1993年に野生のジャイアントパンダの研究を始め、2003年に野生のジャイアントパンダの移動、活動、生息域に関する研究で博士号を取得した。 その後、個体の観察から生息地の分断、中国西部の山岳地帯の生物多様性へと研究領域を広げています。

ワン博士はハフィントンポストに対し、小さな出生サイズは「間違いなく数百万年の進化の結果」であると語りました。 彼は「それは一種の繁殖戦略だ」と話を広げました。

この戦略は、パンダが栄養価の非常に低い竹をほぼ完全に食べているという事実によるものだと、ワン氏は説明します。 動物にとっては、竹を動物組織に変えるよりも、竹をミルクに変えるほうが簡単なのです」とWang氏は言います。 しかし、そのトレードオフとして、赤ちゃんは授乳や保温、捕食者の回避など、母親からのケアをより多く必要とします。

Huffington Post の記事全文はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。