Dog the Bounty Hunter reveals how late wife Beth insisted on filming new show after cancer diagnosis

2004年から、デュアン “Dog” チャップマンは、合計8シーズン続いたオリジナルのドッグ・ザ・バウンティ・ハンターシリーズから、一連のリアリティTVヒット作の先頭に立っている。

広告

彼の最新作は、ファンが期待する、ドッグと彼のハンターの家族、逃亡中の犯罪者を追う冷酷な姿、しかしいつもよりパーソナルで感情移入できる内容となっています。 今夜からイギリスのチャンネルBLAZEで始まる10部構成の「ドッグズ・モスト・ウォンテッド」は、チャップマンの妻ベスが、それまで寛解していたがんが再発したという知らせを受けるところから始まります。

ベスは2019年6月25日に51歳で他界し、このシリーズは彼女の最後の日々とその後を淡々と、感情的に描いています。

広告

「私はいつも彼女を後ろに立たせて、私が先にドアを通り抜けました」と、ドグはRadioTimes.comに語り、カメラの前で夫婦で逃亡者を狩ったことを回想しています。 「これは史上初のことです…彼女は最初にこのドアを通過しました。

ベスの病気にもかかわらず、「Dog’s Most Wanted」の撮影を続けるという決断は、彼女自身が下したものでした。そして、ドッグ自身も不安を抱えていましたが、番組での仕事がいかに妻の気を引き、慰めになったかを後に理解していきました。 「彼女がやりたいと言ったんだ……僕たちは話し合った。 私が「ベス、これは人に見せるものじゃない」と言うと、彼女は「見せたいのよ、見せたいのよ」と言ったんです。 個人的には、私は? でも、私が気づいたのは、撮影していないとき、彼女は病気だったんですね。 でも、撮影しているときは、彼女はそんなこと忘れて、外で笑っていたんです。それが、彼女が仕事を続けられるように、気を紛らわせるために役立っているのがわかりました。”

Beth Chapman
Beth Chapman
WGN America

「女王への別れ」と名付けられたシリーズの最終エピソードでは、ベスが医学的に昏睡状態になり、彼女の家族は結局彼女の生命維持を止めるという悲痛な決断を下すことになる。 直後の撮影は大変だったが、その後の数週間から数カ月はさらに困難だったとドグは語る。

「ベスが亡くなってから最初の6カ月はほとんど覚えていない」と彼は認めている。 「最後のエピソードは、彼女が亡くなった直後、2 週間ほどでしたね。 悲嘆に暮れ、パニックになり、何が起こっているのかわからない…でもその後、すべてが落ち着き、人々があなたに電話するのをやめ、花がドアに来るのをやめ、突然あなたが一人になったとき…それが私を襲ったときです」

「あなたはそれを経験したくありませんよね。「

彼は配偶者の死に対する典型的な反応について幅広く読みました-ある種の感情の罠に陥るのを避けるために、と彼は言いますが、いくら準備しても妻を失うという現実には役立たなかったと、Dog は認めます。

Dog the Bounty Hunter and wife Beth
Dog the Bounty Hunter and wife Beth
WGN America

「人間だから、誰もが経験することがある」と、彼は言います。 “全部読んで、「そんなことしちゃダメだ」と自分に言い聞かせるようにしました。たとえば、亡くなった人を責めたり、死んだことを責めたり。”

“そんなことはしない… “と思っていたら、ある日、天国を見て、「なんだよ、なんで俺をここに置いていったんだよ」と言いました。と彼女に悪態をつき、「ああ、神様、私はこんなことできません」–だから、何をするにしても、誰であっても、自分がどんなスーパースターだと思うにしても、ある種のことを感じることになるのです」

初期の頃は疑問を持っていたものの、Dog は、Dog’s Most Wanted がかつて誓った亡くなった妻へのふさわしい賛辞として機能していると主張します。 「もし私が死ぬなら、ブーツの中で死にたい」

「ここアメリカでは、あの番組のために WGN で記録を打ち立てたんだ。 と言った。彼女は私の記録をドアから吹き飛ばした。だから、これは彼女への素晴らしい賛辞だと思う」

広告

Dog’s Most Wantedは今夜9時にBLAZE (Freeview 63, Sky 164, Freesat 162, and Virgin Media 216) で始まる – TVガイドで他の番組をチェックする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。