Head pressure: 8 main causes and what to do

The sensation of pressure in head is very common type of pain that can be caused by stressful situations, poor posture, dental problems and also can be sign of illness such as migraine, sinusitis, labyrinthitis and even meningitis.頭重感は、ストレスや姿勢不良、歯の問題、片頭痛や副鼻腔炎、髄膜炎といった病気のサインとして現れる、ごく一般的な痛みです。

一般的には、瞑想やヨガ体操、鍼治療などリラックスできる活動を習慣化し、痛みを和らげる薬を使うことで頭の圧迫感を和らげることができます。 しかし、痛みが常にあり、一度に48時間以上続く場合は、この感覚の原因を見極め、最も適切な治療法を示すために、一般開業医や神経科医の診察を受けることをお勧めします。

頭重:8つの主な原因と対処法

1.片頭痛

片頭痛は女性に多く、脳の血流や神経系細胞の活動の変化によって起こる頭痛で、遺伝することもあり、近親者にこの症状の人がいると片頭痛になることもあります。

片頭痛の症状は、ストレス、天候の変化、カフェインを含む食品の摂取など特定の状況によって引き起こされ、人によって異なりますが、通常平均3時間、最長で72時間続く頭の圧迫感、吐き気、嘔吐、光や音に対する過敏症、集中力の低下などが起こります。

対処法:片頭痛でみられる頭重感が一定であったり、3日後に悪化する場合は、神経科医に相談して最も適切な治療法を示してもらう必要があり、通常は鎮痛剤、筋弛緩剤、スマトリプタンやゾルミトリプタンとして知られるトリプタン系薬剤などの鎮痛剤の使用を基本としています。 片頭痛を治療する薬を見る

ストレスや不安

感情的なストレスや不安は、頭の圧迫感など身体的な障害を引き起こすことがあります。 これは、これらの感覚によって体の筋肉が伸び、コルチゾールというホルモンが増加するために起こります。

頭の圧迫感だけでなく、不快感や冷や汗、息切れ、心拍数の増加などの要因もありますので、ヨガなどの瞑想活動や何らかのアロマテラピーなど、ストレスや不安を軽減できるような対策をとることが大切です。

対処法:ストレスや不安が習慣の変化やリラクゼーション活動で改善しない場合、これらの感情はしばしば私生活を損ない、人間関係を妨げ、仕事に影響を与え、抗不安薬などの特定の薬の使用を必要とするので、精神科医に相談することが重要である。 ストレスや不安を管理するためのいくつかの戦略を参照してください。

副鼻腔炎

副鼻腔炎は、鼻、頬骨、目の周りの骨の空洞である副鼻腔の領域に細菌、ウイルスや真菌が原因で起こる炎症が原因です。 この炎症によって分泌物がたまり、その部分の圧力が高くなるため、頭が圧迫されるような感覚を覚えることがあります。

鼻閉、緑や黄色がかった痰、咳、過度の疲労感、目のかゆみ、発熱など、頭重感以外の症状が出ることがあります。

これらの症状が現れたら、耳鼻咽喉科を受診し、抗炎症剤の使用や、細菌が原因の副鼻腔炎の場合は抗生物質の使用が推奨されるなど、正しい治療を受けることをお勧めします。 また、この病気の症状を改善するためには、日中に水分をたくさん摂ること、生理食塩水で鼻を洗い、たまった分泌物を排出することが必要です。 鼻の中を除菌する鼻腔洗浄のやり方についてはこちら。

動脈性肺高血圧症

高血圧症とは、動脈の血圧が非常に高くなる慢性疾患のことで、通常140×90mmHg(14×9)を超えると発症すると言われています。 血圧を測定して数値が高ければ高血圧とは限らないので、診断を確実にするためには、継続的に血圧を確認することが必要です。

高血圧の症状としては、頭の圧迫感、首の後ろの痛み、吐き気、目のかすみ、倦怠感などが考えられます。 これらの徴候の発生は、喫煙、過度の飲酒、脂肪分や塩分の多い食事、運動不足、肥満と関連しています。

対処法:高血圧は治りませんが、値をコントロールする薬はあります。これらは一般医や循環器専門医が処方してください。 薬物療法に加えて、塩分を控えたバランスの良い食事を心がけるなど、生活習慣の見直しも必要です。

高血圧を下げる方法は、以下の動画をご覧ください。

迷路炎

迷路炎は、耳の中にある迷路神経がウイルスや細菌によって炎症を起こし、頭の圧迫、耳鳴り、吐き気、めまい、平衡感覚の欠如、周囲のものが回転しているように感じるめまいを引き起こしたときに起こります。

この疾患は、耳の部分の傷によって引き起こされることもあり、特定の食品を食べたり、船や飛行機での旅行が引き金となることもあります。 迷路炎の見分け方について詳しく見る

対処法:これらの症状が現れたら、耳鼻咽喉科の専門医に相談し、迷路炎の診断を確定するための検査を受けることが大切です。 迷路炎であることが確認されると、迷路神経の炎症を抑え、症状を和らげるための薬が処方されることもあります。 これらの薬には、ジメンヒドリナートやメクリジンなどが含まれることがあります。

歯の問題

例えば、咀嚼障害、ブラキシズム、虫歯による歯槽膿漏など、特定の歯の問題は、頭圧、耳鳴り、耳の痛みにつながることがあります。 また、口の中が腫れたり、顎を動かすと「カチカチ」「ポキポキ」といった音がしたりすることもあるようです。 虫歯の見分け方についてはこちらをご覧ください。

対処法:症状が現れたら、すぐに歯科医院を受診し、検査や歯の状態の確認、咀嚼運動の分析などを行う必要があります。 これらの歯科疾患の治療は、原因によって異なりますが、根管治療などが必要な場合があります。

髄膜炎

髄膜炎は、脳と脊髄を保護し包んでいる膜の感染症で、ほとんどの場合、細菌やウイルスの感染によって起こります。 感染性髄膜炎は、くしゃみ、咳、カトラリーや歯ブラシなどの器具の共有によって微生物が拡散することで感染します。 髄膜炎の感染経路について詳しく見る

髄膜炎は、狼瘡や癌などの他の病気、頭部への激しい打撃、さらにはある種の薬物の使用によっても起こります。 髄膜炎の主な症状は、圧迫感のある頭痛、あごを胸に近づけられないほどの首のこり、発熱、全身に散らばる赤い斑点、過度の眠気などがあります。

対処法:髄膜炎が疑われる場合、直ちに医療機関を受診し、MRIや脳脊髄液評価など一定の検査を行って診断を確定し、できるだけ早く治療を開始する必要があり、通常は病院で直接点滴による薬剤投与が行われる。

悪い姿勢

仕事や勉強の期間中に悪い姿勢や不適切な姿勢があると、体が縮こまり、脊椎の関節や筋肉に過度の負荷がかかり、障害が起きたり、頭に圧迫感を感じたり、背中に痛みを感じることがあります。 運動不足、いつも同じ場所にいる、長時間座っているなどは、体に悪影響を及ぼし、これらの症状を引き起こす原因にもなります。

対処法:症状を緩和するためには、水泳や歩行などの運動を継続すること、また、ストレッチ活動により頭圧や脊髄痛の改善を実感することが可能です。

次のビデオで姿勢を改善するさまざまな方法をご覧ください。

医者にかかるタイミング

頭の圧迫感に加えて、次のような症状が現れたら、すみやかに医師の診断を受ける必要があります。

  • 左右非対称の顔;
  • 意識喪失;
  • 腕のしびれまたはうずき感;
  • 体の片側の感覚の欠如;
  • 発作.を起こす。

これらの徴候は、脳卒中または頭蓋内圧の上昇を示す場合があり、いずれも緊急の医療処置が必要です。このため、これらの徴候が現れた場合は、直ちに救急車を呼んでください。

これらの徴候は、脳卒中または頭蓋内圧の上昇を示す場合があり、いずれも緊急の医療処置が必要です。このため、これらの徴候が現れた場合は、直ちに救急車を呼んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。