How College Fails High School Sweethearts – Distance rarely makes heart grow fonder

I was in tears, 190 miles away from home.Why College Fails High School Sweethearts, Distance makes heart grow fonder. そのため、このような「曖昧さ」があるのです。 と言われました。

私は大学1年生で、3年間付き合っていた高校時代の恋愛は終わっていました。 私はまともに考えることもできず、胃の中の嫌な結びつきと絶望感に押しつぶされそうな感覚以外に何も感じられませんでした。 まるで、天地がひっくり返って、足元が崩れていくような感覚に襲われた。

1年後の私は、「一体何を考えていたのだろう」と自問しています。

典型的な大学での別れを経験した私だからこそ、大学ではよくある高校時代の恋人との関係がうまくいかないことに共感することができるのです。 友情、ストレス、ホルモン、パーティー、そして大人への道のりが、異なるレベルに引き上げられる場所です。 学業と「経験」が第一で、まったく新しい土俵に引きずり出された遠距離恋愛中の高校生の恋人は、ほとんど常に第二に位置する場所です。 なぜ大学では、多くの友人が振ったり振られたり、浮気したり浮気されたりするのを見るのだろう? どうして私たちは、多くの「最も結婚しそうな」関係が解消され、二人が別々の他人になるのを目撃するのでしょうか。 なぜ、「運命の人」だと思った人が、3ヶ月の間に自分の人生から消えてしまうのだろう? その理由を探るため、12月上旬の1週間半、学内でアンケートを実施しました。 学生は秘密厳守のアンケートに答え、匿名性を保ったままフォローアップのインタビューをする機会を得ました。 アンケート用紙には、性別、大学入学年、高校時代のガールフレンドやボーイフレンドと大学生活を始めたかどうか、そして現在も付き合っているかどうかを記入するよう求められました。 現在も交際していない場合は、別れた理由と時期、その後の対処法などを記入してもらいました。 また、現在も恋人がいる人は、これまでに直面した苦悩と、その苦悩を夫婦としてどのように乗り越えてきたかを挙げてもらいました。 アンケートの最後の質問は、以前の交際相手と一緒に大学に入ってくる学生にどんなアドバイスをするかというものでした。

参加者は、英語101クラス、コミュニケーション101クラス、そして学内でランダムに選ばれた学生たちでした。 合計で40人の学生が回答し、そのうち25人が男性、15人が女性でした。

ほぼ1学期が終わった時点で、交際相手と一緒にいたのは、交際を始めた13人の男性のうち4人だけで、そのうちの2人はまだ1学期の新入生だった。

合計すると、大学に移行する高校生の関係のうち、1年生を超えて生き残ったのはわずか5%であることがわかりました。 これは「七面鳥の捨て台詞」として有名です。

イギリスのジャーナリスト、デビッド・マッカンドレスが行った研究では、Facebook で別れに関連するステータスが最も多く投稿された時期を分析しました。 マッキャンドレス氏は、感謝祭の休暇の前後に顕著なスパイクを発見しました。

恋愛コラムニストのダン・サヴェッジ氏は、「感謝祭休暇は、合理的な人間が2月まで重要な他人を落とせる最後のポイントであり、多くはその小さな窓を利用する」と述べています。

これは、学校の最初の月に、学生が通常落ち着き始め、家を懐かしみ、固い友情を作り、新しい大学生活に気を奪われがちだということを考えてみれば理にかなっているのです。 2ヶ月目、3ヶ月目には、信頼が鍵となり、信頼がなければ、関係は不安定になります。 コミュニケーションがうまくいかないと、喧嘩が始まり、一人はその関係が文字通り戦うに値しないと気づくかもしれません。

この高校/大学での別れを経験した学生に、別れがなぜ起こったかを尋ねました。 別れの理由の1位は遠距離だった。

「まったく会わないので、気持ちが変わってしまった」と書いた2年生がいた。

「コミュニケーションがとれず、私だけが恋愛に力を注いでいた」と3年生が言っていた。

カップルが別れた理由で2番目に多かったのは、浮気と信頼の問題の発生でした。

ある1年生は、「信頼の問題。自分が何をしているのかわからず、いつも不安だった。 自分が何をしているのかよくわからず、いつも心配だった」

「彼女が浮気をした。 彼女は大学で変わり、よく飲んだ」(2年生)。

3番目に多かった理由は、「大学での経験」に何を求めるかについての全体的な意見の相違であった。 飲酒やパーティーなど、一方の行動の変化により、ライフスタイルの選択という点で意見が分かれ、それが原因で喧嘩になったという意見が多かった。

「お互いに、また会うことを考えられるようになるまで、新しいことを経験し、学校を楽しみたかっただけ」という1年生の学生は、最近大切な人とお互いに別れることにしたという。

大学の前に別れたある2年生の学生は、「彼氏と分かれて自分たちで大学を経験しようと決心しました」と書いている。

「大学での完全な経験を逃したくなかった」と3年生は言いました。

4年生は、1年生のときの別れを振り返り、「学校に入って、私たちの関係がいかに未熟で、もっといい男がいることに気がついた」と言いました。”

では、わずか5%の人はどうでしょうか?

繰り返しになりますが、各調査で、参加者には匿名のままか、インタビューで自分の恋愛ストーリーの詳細を話すかの選択肢が与えられています。 ある新入生は、23歳の大切な人と1年7カ月付き合っていますが、彼女の普通ではない関係と、大学が始まってから直面した苦悩を話してくれました。

私は「アンケートで見つかったデータを分析した結果、大学でうまくやろうとする高校生の関係のうち、1年生を超えてうまくいくのは5パーセントしかないことがわかりました。 あなたはこの5パーセントに当てはまると思いますか?”と。

私はこの1年生に、もし何かが起きて二人が別れてしまったらどう思うかと尋ねました。

もう一人の学生、アルビオンカレッジの3年生は、7年間の交際についてインタビューに志願してくれました。

私は彼に、中学1年生の数学の授業からずっと片思いしていた女の子との関係について、少し話してくれるように頼みました。「交際中に直面した大きな苦悩は何でしたか」と尋ねると、こう答えました。 彼は、ほとんどが距離と、思うように会えないことが難しいことだと答えました。

しかし、関係がもっと一般的に失敗するとき、私たちはどのように対処するのでしょうか。 失恋の癒し方は人それぞれですが、大学生は全体として同じように心の痛みに対処しているようです。 アンケートの回答からわかった最も一般的な対処法は、常に友人に囲まれ、できるだけ一人にならないようにすることです。 それが最大の疑問です。 アンケートの最後には、高校時代の恋愛のまま大学に入学した学生に対して、何かひとつアドバイスをするよう求めました。

現在の恋愛状況や高校時代の恋愛の失敗を経験しているかどうかにかかわらず、ほぼ半数の参加者が、これらの学生に対して、大学の環境に恋愛を持ち込まないよう強くアドバイスしています。 しかし、多くの学生はその考えを奨励していた。

「自分も変わるし、大切な相手も変わることを自覚してください。 しかし、多くの学生は、このアイデアを推奨しています。 そうすることで、多くの変化が起こり、二人の関係に影響を与えるかもしれません。 と、2年生が言いました。

「それぞれ自分の生活があり、いつも会えるわけではないことを、しっかり自覚してください」と2年生が言いました。

「すでに関係が不安定なら、悪化する一方だ」と4年生。

「少しでも不安感があるなら、別れたほうがいい。 大学生活を楽しんで、毎週末、関係を維持することを心配して離れて過ごさないようにしましょう。 しかし、あなたがすでに別れの傾向をたどっている場合、あなたが確信していたように5パーセントにかなり絞られなかった場合、あなたは一人ではないことを知っていることで慰めを受けてください。

独身であろうと交際中であろうと、新しい出会いを求めて死にもの狂いになっていようと、最近の失恋の悲しみで拗ねていようと、すべての可能性を成長の道と考えるなら、大学はこれらすべてにとって素晴らしい場所です。

父が私を慰めるために言ったように、「時間がすべてを解決してくれる」のです。 世の中は一回りも二回りも成長するんだ。 ローマは一日にして成らず」

統計がどうであれ、親がどうであれ、友人がいくら説得しようとも、人間関係がどう発展するか、発展しない場合、次に何が(あるいは誰が)来るかは、皆自分で学ぶしかないのである。 それを避けることはできない。 それが「大学での経験」のすべてなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。