Lateral flow assays: 原理、デザイン、ラベル

ラテラルフローアッセイ(LFA)は、親しみやすいユーザーフォーマット、短い測定時間、少ない干渉、低コスト、専門家でなくても簡単に操作できることから注目されています。 この手法は、抗原抗体あるいはプローブDNAとターゲットDNAのハイブリダイゼーションという生化学的な相互作用に基づいている。 ラテラルフローアッセイ(LFA)は、サンプルを滴下するサンプルパッド、標識タグと生体認識物質が結合したコンジュゲートパッド、標的DNA-プローブDNAハイブリッド化または抗原-抗体相互作用のテストラインとコントロールラインを含む反応膜、および廃棄物を貯蔵する吸収パッドの4つの部分から構成されています。 LFA の構築には、金ナノ粒子、着色ラテックスビーズ、カーボンナノ粒子、量子ドット、酵素などが、感度を上げるためのラベルとして使用されている。 本研究では、LFAの原理、生体認識要素、分析性能、検出限界(LOD)、各分野での開発LFAの直線範囲についてまとめた。 また,この分野における今後の展望についても述べる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。