Metformin seems to prevent type 2 diabetes, study indicates

Diabetes Prevention Program/Diabetes Prevention Program Outcomes Study(DPP/DPPOS)のデータから、Metforminが2型糖尿病の発症抑制に関連していることが示された。

DPPは1996年から2001年にかけて行われた無作為化比較試験で、糖尿病のリスクが高い成人3,234人を、マスク付きのプラセボ、メトホルミン1日2回850mg、集中生活介入に振り分けた。 この試験は、メトホルミンと生活習慣への介入の両群の有効性が証明されたため、1年早く終了した。 DPPの生存コホートのうち88%がDPPOSで追跡され、メトホルミンを服用していた者は引き続き服用し、すべての参加者に生活習慣への介入が提供された。 DPPOSは2002年から2013年にかけて実施され、糖尿病の予防、糖尿病に関連した微小血管合併症、心血管疾患の危険因子に対するメトホルミンと集中的な生活習慣への介入の長期効果について検討された。 メトホルミンに関する結果は、特別テーマ号の一部として8月2日にDiabetologia誌のオンライン版で発表されました。

DPPでは、平均2.8年の追跡調査において、メトホルミン服用者はプラセボに比べ糖尿病発症率が31%低下し、生活習慣集中介入群は58%低下した。 メトホルミンの効果は、肥満の人(BMIが35kg/m2以上の人では53%、22〜30kg/m2の人では3%の減少)、空腹時血糖値が高い人(高い人では48%、低い人では15%)、妊娠糖尿病の人(妊娠糖尿病のない女性では14%、50%の減少)で特に顕著であった。 より長期間の追跡調査が行われたDPPOSでは、メトホルミン投与群では無作為化後10年および15年後に糖尿病のリスクが18%減少していた。 しかし、DPPOS期間中に観察された糖尿病発症率は、無作為化された元のグループ間で有意な差はなかったと研究者は述べている。

研究者らは、メトホルミンが糖尿病を予防または遅延させる方法として、急性薬理作用または病態生理の改善、血糖値、体重減少、微小血管合併症、心血管疾患(CVD)危険因子への影響、遺伝的因子との相互作用などいくつかについて議論した。 また、DPP/DPPOS試験において、メトホルミンは安全であると思われ、軽度の胃腸症状を報告した患者は、プラセボ投与群では1.1%であったのに対し、投与群では9.5%であったことを指摘した。 一方、ビタミンB12の欠乏は、5年目にはメトホルミン群でプラセボ群より多かったが(4.2%対2.3%、P=0.02)、13年目にはその差は有意には変わらなかった(7.4%対5.4%、P=0.12)。 著者らは、DPP/DPPOSにおけるメトホルミンへの曝露期間15,000人年以上において、乳酸アシドーシスの報告例はないことに言及している。 メトホルミンは、10年間にわたりプラセボに対してコスト削減効果があることがわかったと、著者らは述べている。

今後、DPP/DPPOSは、糖尿病のハイリスク患者におけるメトホルミンの早期使用が後の併存疾患の発症に影響するかどうか、また、この薬剤に抗癌作用があるかどうかを調べるためにも使用できると、著者らは述べている。 「将来的には、これらの知見を日常診療に応用することで、現在の糖尿病発症の傾向が改善されるかどうかを理解することが極めて重要である」と、著者らは記している。 「メトホルミンが、まだ調査されていない高血糖のさらなる合併症に影響を与える可能性は、依然としてエキサイティングな研究領域である。”と述べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。