Whole-mount evaluation of penectomies for penile cancer: feasibility, cost and comparison to routine sectioning

Aims: Penectomyにおける病理病期決定は陰茎解剖学の複雑さにより難しく、ほとんどの施設で少量のためにさらに困難となる可能性があります。 本研究では、陰茎摘出術の標本にホールマウント処理を行うことの可能性を評価することを目的とした。

方法と結果。 7年間の部分的または根治的陰茎摘出術のレトロスペクティブ検索により55検体を確認し、2006年から2009年はルーチン処理(n=31)、2010年から2012年はホールマウント処理(n=24)を行った。 ルーチンの方がホールマウントよりも1例あたりのスライド枚数が多かった(平均10.4枚 vs 7.2枚). ルーチンケースでは,リカットがより多く発生した(12.9%対0%). ルーチンケースでは、より多くの症例で追加ブロックがグロスされていた(19.4% 対 4.2%)。 pTステージングに影響する不一致がルーチン群では5件確認されたが、ホールマウント群では1件も確認されなかった。 ルーチン処理と比較したホールマウントの1症例の平均追加推定コストは40.74ドルであり、所要時間は1日増加した。

結論。 Whole-mountは陰茎摘出術において、費用と時間の増加を最小限に抑え、病期分類を改善することができる実現可能な技術である。 Whole-mountingが前立腺などの他の臓器で既に確立されている施設では、陰茎摘出術の標本にこのフォーマットを利用することを検討するとよいであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。