Wildlife Hospital

Wildlife Helpline: 604-526-7275 (10am-4pm, 7 days week)

野生動物病院は週7日オープンし、傷ついた野生動物を受け入れています。 野生動物技術者、ヘルプラインのスタッフ、ボランティアは毎日、野生動物や一般の人々を助け、さまざまな野生動物の状況についてアドバイスします。

野生動物技術者は、野生動物獣医師や動物ケアボランティアと協力して、動物を野生に戻すことを目標に、最高の医療とリハビリを提供しています。 デジタルレントゲンなどの動物用機器を使用して、さまざまな傷害を診断し、治療します。

傷害の原因としては、車の衝突、窓への衝突、猫の攻撃などが挙げられます。 また、羽毛や毛皮に油などが付着してしまうこともあります。 また、動物が居場所を失ったり、罠にかかったり、孤児になったりすることもあります。 一般の方がこのような状況に陥った場合、野生動物ヘルプラインのスタッフやボランティア、病院の野生動物技術者が適切なアドバイスを提供します。

一般の方の訪問

Wildlife Rescueは一般の方の訪問を受け付けておりません。 病院として、現場で行われている作業は、可能な限り最高のケアを保証するために、非常に繊細で制御された環境を必要とします。 動物たちを見るために一般の方が敷地内に入ることは、彼らの回復に悪影響を及ぼす可能性があるため、できません。

動物たちを見ることに興味がある方は、ここで行われている作業についてのビデオ、写真、ストーリーを私たちのInstagram、Facebook、YouTubeチャンネル、およびページ下部の購読できる月刊電子ニュースレターでご覧になれます!

ご理解いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。